住宅ローンの頭金と銀行の選び方は?

住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った宣伝も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。
審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。
ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。
早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。
多くの方が申し込み〜3.
4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

住宅ローンの銀行選びで失敗しないコツとは?